2007年03月31日

FX(外国為替証拠金取引)とは

 FXとは、外国為替証拠金取引をする投資形態で、「外貨FX」とか「外為(がいため)」などとも呼ばれます。

 少し具体的に言いますと、証券会社などに小額の担保金(証拠金)を差し入れ、その10〜20倍の外貨を売買することができる仕組みです。


 外貨は、政治、経済、貿易、災害などさまざまな要因で刻々と変動しています。

※外貨・・・日本以外の国のお金、つまり外国のお金のこと。「外貨が変動する」とは、円に対する外貨の価値が変動するということ。


 円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから外貨を売って円に戻すと、売買の差分の利益が狙えます。

 先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、持っていない外貨を売ることからも始めることができます。

 このように、通貨を売り買いすることで、その売買差益を狙うのがFX投資です。


 取引できる外貨の種類の豊富さ、最低証拠金や手数料の引き下げにより、近年はFXを投資に利用する人が急増しています。


 証拠金の数十倍の金額を扱えるので、大きな利益を期待することもできますが、予想と異なる方向に相場が動いた場合は、損失も大きくなることがあるので、注意が必要です。

 ハイリスク・ハイリターンの投資法がFX投資であるといえましょう。
posted by 投資情報センター at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0)
投資情報
投資情報:FX(外国為替) > FX(外国為替証拠金取引)とは

"FX(外国為替証拠金取引)とは"へのコメント

コメントを投稿する
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37349716

"FX(外国為替証拠金取引)とは"へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。