2007年03月31日

先物取引とは

 先物取引とは、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。
 単に「先物(さきもの)」とも呼ばれます。


 先物取引の対象となるのは、野菜などの農産物、工業製品、石油などの資源ですが、これらのものは常に価格が変動します。

 本来、先物取引は、そういった商品の価格変動による影響を避け、生産者が安心して生産でき、購入予定者が安心して購入できる目的で、主に商品の流通が多い大阪で発祥したと言われています。


 しかし最近では、先物取引での投資と言った場合、現物の売買目的ではなく、株価指数や資源、電子的な売買権利などを取引し、差額を得る目的で行われるものがほとんどです。

 投資対象としては、金、農産物、石油などの資源、株価指数などがあり、証券会社で口座を開設して先物取引を選択する方法が一般的によく取られています。

 現在は農産物などが安定して供給できるようになったのも、先物取引の本来の意義が失われたきっかけと言えましょう。


 先物取引は、小額の証拠金を元に、10〜100倍の価値の権利を売買することができます。
 相場が予想どおりに動けば大きな利益が出る一方で、予想が外れれば損失も大きいというハイリスク・ハイリターンな投資法とも言えます。

 そのため、素人が安易に手を出すのは、有る意味で危険と言えましょう。
posted by 投資情報センター at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |投資情報:先物取引
2007年03月30日

先物取引の実際

 先物取引投資を実際に始める前に、日経平均先物の売買を例にとって説明してみましょう。


 先物取引投資をするためには、最初に証券会社で口座を開設する必要があります。

 手数料が安い証券会社に資料請求して口座を開設しましょう。


 先物取引で日経平均を売買するとはどういうことか説明しましょう。

 株式市場に上場して、株式が売買されている会社は数千にも登りますが、その多くは、好決算による株価急騰や、突然の倒産などのリスクにさらされています。

 これらの企業のうち業績のよい225社を抜き出し、その株価を平均したものが日経平均株価と言われるものです。

 日経平均株価は、突然の倒産のリスクがなく、市場全体の株価を反映するため、投資家の判断の基準ともされています。


 先物取引で日経平均株価に投資するとは、日経平均が将来のある時点でいくらであるかという権利を売買することなります。

 ただし、投資のための証拠金に対し、100倍もの金額が売買できるので、将来のある時点を予測しなくても、例えば現在現時刻に15000円の日経平均が、確実に100円(1単位100円で変動)上がるがる、100円下がるということが予想できれば、1単位で1万円の差益を得ることも可能です。


 先物取引も含めて、証拠金の数十倍もの権利を売買する投資法(証拠金取引)は、利益も損失も大きくなるので、投資初心者は十分に注意をする必要があります。


posted by 投資情報センター at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |投資情報:先物取引

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。